4月 6 2010

石川さゆり 特別公演

明治座七月 石川さゆり 特別公演 ゲスト出演

東京.大阪.博多.名古屋を巡り,さらに輝きを増す「長崎ぶらぶら節」

待望の東京再演   なかにし礼 原作 長崎ぶらぶら節 脚本演出/金子良次  音楽監修/日比野 糧

長崎を舞台に描かれる直木賞受賞の感動作

長崎.網場(あば)で生まれた愛八(石川さゆり)は、貧しさから10歳で芸者として売られいく。40年ほど後には、その芸の腕と座敷での土俵入りで一目置かれる丸山芸者(山芸者)となっていった。

相撲を見た帰り、愛八は町芸者の米吉とぶつかり、喧嘩になる。そこへ仲裁に入った、五島町の大店の跡取りで学者の古賀十二郎(近藤正臣)の精悍な姿に、愛八は一目惚れしてしまう。愛八が古賀への想いから、料亭花月の女将.富美江(淡路恵子)の取りなしも聞かず、旦那と別れ日々ぼんやりと過ごしていた時、古賀がお大尽となって、花月で町芸者と山芸者を総揚げして、芸競べが行われることになる。その座敷で古賀は愛八の芸に惚れ込む。

古賀が身代をつぶすほどの総揚げをしたのは、東京の芸者への意地だったと知った愛八は、「長崎の古い歌を一緒に探そう」という古賀の言葉に心から頷く。

そして、二人の歌探しの旅が始まった。

日時:平成22年7月2日(金)~30日(金)

場所:明治座 東京都中央区日本橋浜町2-31-1 地下鉄/日比谷線.都営浅草線(人形町駅)都営新宿線(浜町駅)半蔵門線(水天宮前駅)
開演時間:昼の部12:00/夜の部17:00
ご観劇料:(税込)A席(1.2階)12,000円/B席(3階)5,000円
出演:石川さゆり.近藤正臣.淡路恵子.鶴田さやか.曽我廼寛太郎 .有沢比呂子.清郷流号.中條響子.小泉まち子
チケットのお求めはお問い合わせにメール下さい。